惚れ薬

b0378653_23005067.jpg
ついにやったぞ




「さくら君、遂にワシはやったぞ。」
「博士っ、どうしたのですか?」
「遂にワシは究極の惚れ薬を発明したんじゃ。」
「おおっ、すごいじゃないですか。博士っ、おめでとうございます。」
「君にも少し分けてあげよう。」
「あ、ありがとうございます。でも、使用方法がわかりません。」
「なに、簡単なことじゃ。意中の相手にかけるだけじゃ。」
「たったそれだけですか。」
「そうじゃ、たったそれだけじゃ。」

翌日、早速憧れの人を呼び出し
半信半疑ながら博士からもらった媚薬を
かけようとしたその刹那…

突然、突風が吹いて
あろうことか自分にかかってしまった。
以来、自分で自分のことが大好きになってしまったのでありました。





[PR]
トラックバックURL : https://kagura17.exblog.jp/tb/28072286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kagura-x | 2018-02-05 00:24 | Trackback | Comments(0)